不動産の売却方法~無料査定一括サイトを利用してみた

実家で一人住まいしている母親が賃貸マンションに引っ越す事になり、住まなくなる家の売却を考えています。
家の売却は不動産会社に依頼しますが、どの会社がいいのか分からないもの。
そこで便利なのが、不動産売却の無料査定一括サイト。
近くの不動産会社が簡単な査定を出してくれます。
不動産の売却方法~無料査定一括サイトを利用してみた体験談です。

不動産売却の無料査定一括サイトとは?

引っ越し業者も無料見積もり一括サイトを利用しましたが、不動産売却の無料査定一括サイトも内容は同じです。
「引越侍」「引越し達人セレクト」「引越し価格ガイド」の評判

一括サイトに登録している業者からメールやら電話が来て、確かな金額は実際に「家・土地を見て」ということになります。

ただ、実家の場合、田舎の為か、近くに不動会社が少ないようで、ヒットしたのは2件のみ。
一社は2つの一括サイトに登録されてました。

一括サイトによっては「該当なし」もあり、複数の一括サイトを利用しました。
不動産売却の無料査定一括サイト

査定とは何?

不動産売却には2つの方法があります。

①不動産会社に売却の仲介を依頼
②不動産会社に買い取ってもらう。

②の場合、不動産会社は買い取った不動産を転売して儲けます。
ただ、売れるまで固定資産税等の維持費がかかります。
ということで、相場の半額くらの値段になるそうです。

①の「査定価格」はあくまでも「相場」。
その値段で売れるとは限りません。
買い手がいて、買い手との交渉になります。
しかもこの「査定価格」は基本、「現地を見ないと正確な金額は出ない。」と言われ、現地査定を依頼することになります。
最も、現地査定も無料であり、現地査定をしたからその業者に売却の仲介を依頼する必要はありません。

古家は売れない?

実家は築40年以上。
耐震基準は改正前のモノです。
さらに、リフォームもしておらず、家の価値はゼロ。

結局、売却価格は土地の値段ということになります。

土地を売る場合、更地が原則ですが、売れる見込みもないのに更地にしてしまうと思わぬ費用も…。

というのが、固定資産税。
家が建っている場合と、土地だけの場合では6倍の開きがあるのとか。
これは空き地対策ですね。

だから、売れたら引き渡しまでに更地にするのがベスト。

尚、家を売却する場合、動産は全て処分する必要があります。
実家には使わない家具等がかなりあり、引越し業者に確認したところ、4t車ぐらいの量ではないかと。
結局、4t車で引っ越すのと同じくらいの料金がいるようです。

解体費用と動産処分費用

同じ家を壊して更地にするなら、ついでに家の中の家具等も処分できないか?

これは解体業者と相談するしかないようですね。

福屋不動産が使っている解体業者は動産の処分は別とのこと。
解体前に家の中を空にする必要があります。

実家の場合、物置もあり、こちらの中の処分も必要です。
さらに、庭の植木やプランタン。
移動できるものは全て動産扱い。

家の中の動産の処分にはざっと25万円程。
解体費用は100万円前後かかりそうです。

解体費用はどちらがもつのか?

古屋付土地で販売した場合、解体費用は本来持つ必要はありません。

しかし、買い手が値引き交渉をしてきた時は、解体費用(の一部)を売主が負担するということもあるそうです。

買主が古屋をはなから必要なしと考えている場合、その可能性は大です。

結局、2件の不動会社に実家に来てもらいました。
不動会社会社の評価並びに不動産売却にかかる費用は別記事にアップの予定です。

無料で利用できる不動産売却の無料査定一括サイトはこちら

生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ