「2050 老人大国の現実」の感想

「2050 老人大国の現実」の内容、読んだ感想(読後感)、レビュー、クチコミです。サブタイトルの「超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考える」に引かれて読んでみたのですが、ちょっと期待はずれでした。

本のタイトル

2050 老人大国の現実―超高齢化・人口減少社会での社会システムデザインを考える

著者&出版社

著者:小笠原 泰, 渡辺 智之
出版社: 東洋経済新報社 (2012/10)

内容紹介

2025年には団塊の世代が後期高齢期に入り終える。2050年には団塊ジュニアの世代が後期高齢期に入り終える。このままでは、その時、実質GDPは現在より4割落ち込み、国税収入のほとんどを貧しい高齢者の生活保護で使い切る。国家の役割を限定し、国が提供するサービス、国家と個人の関係を見直さなければ、社会保障制度の破たんは避けられない。そのような大改革を、国民は英断しなければならない。(Amazonより)

感想・読後感

現在の政策の根拠は「経済的成長」を前提としているが、「経済的成長」は全く期待できない。2050年には超高齢化社会になっており、今の社会保障制度では国は破綻している、というのが著者の主張です。

このことを大半のページを掛けて主張します。(4章の内、3章)

データ的な裏づけがあるので説得力はあるのですが、ちょっと考えれば自明のことです。

同じ主張が延々と繰り返されるので非常に冗漫で読みづらかったです。

しかし、Amazonの口コミレビューでは評価が高いです。
普段、こういうことを考えていない方が多いということでしょうか?
それはそれで、恐ろしいことです。

私が期待したのは、「超高齢化・人口減少社会での社会システムデザイン」の内容です。

しかし、これに関しては4章の内、1章のみであり、著者自身が言い訳しているように「かなりラフ」なデザインです。

ここが一番、大事なところだと思いますが、他人事に見受けられ、私には共感できませんでした。

著者の意見のみではなく、海外の社会保障制度を取り上げ、参考にすべきところは取り入れるべきだと思います。

// 生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ