節税「税金を払う奴はバカ!」口コミ

「税金を払う奴はバカ!」という本を読みましたので、感想&口コミ等をご紹介します。

内容

◇著者:大村/大次郎
大阪府出身。元国税調査官。国税局で10年間、主に法人税担当調査官として勤務し、退職後、経営コンサルタント、フリーライターとなる。執筆、ラジオ出演、フジテレビ「マルサ!!」の監修など幅広く活躍中
◇単行本(ソフトカバー): 189ページ
◇出版社:ビジネス社
◇発売日:2014/6/17
◇内容:
脱税ギリギリ!?元国税調査官が教えるサラリーマン、中小企業主、相続人のマル秘節税対策。

感想

著者は節税関係の本を複数、著しています。
タイトルが少々過激ですが、内容的には参考になります。
私は何点か著者の本を読んでいます。

著者には「税金を払う奴はバカ!2」という本がこの本の続編にあります。
私は「2」を先に読んだのですが、本書と重なる部分があります。

本書において、中小企業とサラーリーマンが出来る節税方法が紹介されているのですが、サラリーマンができる節税方法のうち、「サラリーマンは大家になると節税できる!」「不動産で赤字が出るカラクリ」「サラリーマンの社内独立化」は「2」にも記載されています。

本書でいうところの「税金」は主に「所得税」を指しています。
工夫次第で「所得税」を節税できる方法が紹介されています。

口コミ

Amazon口コミレビューでは5つ星のうち 4.0(7件中)と高評価です。
税金を払う奴はバカ!

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ