「歯みがき革命」口コミ

「歯みがき革命~歯みがきやよりも大切なこと」という本を読みましたので、感想&口コミ等をご紹介します。

内容

◇著者:我妻美夕紀
歯科衛生士。東北歯科専門学校卒業。
◇単行本: 144ページ
◇出版社: 文渓堂
◇発売日: 2014/4/4
◇内容:歯を失ってしまう原因は、むし歯と歯周病です。これから母親になる方、子育て中のお母さん、歯を残したいあなたにも、健康な歯で過ごすためのヒントを「予防のプロ」歯科衛生士が丁寧に語りかけています。

感想

先に読んだ「歯は残せ」と主張が似ているなと思っていたら、「歯は残せ」の著者(岩田有弘氏)が経営する歯医者にお勤めの歯科衛生士でした。

タイトルの「歯みがき革命」の「革命」に期待して読むとがっかりします。
サブタイルは「歯みがきよりも大切なこと」ですが、結論は「フッ素」でしょうか?
いずれにしも、家庭でできる予防法には限界があります。
歯医者で定期的なメンテナンスが必要です。

著者は勤め先の岩田有弘氏と同じく、「患者が虫歯予防に対する意識が低すぎる」等と嘆くのですが、これを患者に言われても困ります。
これは政策や医療制度の問題だからです。

この本の内容にあったタイトルをつけるとすれば「歯医者の裏側」あるいは「こんな歯医者には行くな」といったところでしょうか?

かくいう、現代医療の在り方については常々おかしいと感じている。
医療費増大を盾に保険料の値上げや増税しか考えていない政治家・官僚が多すぎるのではないでしょうか。

著者の現在の医療制度に対する主張には共感を覚えますが、本のタイトルと内容がマッチしていないのがマイナス点です。

口コミ

Amazon口コミレビューでは5つ星のうち 3.5(4件)とまあまの評価です。
星1つが1件あるのが評価を下げました。
「肝心の歯磨きのやり方については全く触れていません。・・・」
歯みがき革命!

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ