「歯は残せ」口コミ

「歯は残せ 知らないと怖いインプラント」という本を読みましたので、感想&口コミ等をご紹介します。

内容

◇単行本: 163ページ
◇単行本(ソフトカバー):
◇出版社: 文溪堂
◇発売日: 2009/07
◇内容:自分自身の歯を残すための予防法、治療法を知りたいあなた、豊富なイラストでわかりやすく解説してあります。また、歯がなくなってインプラントを考えているあなた、インプラント治療をよりよく受けるための参考になります。

感想

本の出版が5年以上も前ということもあり、Amazon口コミレビューも最新のもので2012/2/22です。

タイトルの「歯は残せ」に興味が惹かれ読んでみたのですが、内容はタイトルとは外れています。

本書の内容は現代歯科業界(現場)への批判が主です。
どちらかというと、自分(著者)は本来の歯科治療を行っているということをやたら宣伝しています。

内容的には納得できる部分が多いですが、患者としてできることは普段の歯の手入れだけでしょう。
「制度がどうの」と言われて患者にはどうしようもありません。

サブタイトルには「知らないと怖いインプラント」とあるのですが、これは著者がインプラントに関し懐疑的なところからつけたようです。

しかし、メインタイトルの「歯は残せ」とサブタイトルの「知らないと怖いインプラント」は別物のはずです。
なぜ、並べて書いてあるのか理解に苦しみます。

この本の内容にあったタイトルをつけるとすれば「間違いだらけの歯科治療」ではないでしょうか?
そうであれば本書の内容としっくりします。

イラストが入っているのですが、非常に読みにくい本です。

口コミ

Amazon口コミレビューでは5つ星のうち 4.3(3件)と高評価です。
歯は残せ―知らないと怖いインプラント

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ