「普通の主婦がネットで4900万円稼ぐ方法」口コミ

「普通の主婦がネットで4900万円稼ぐ方法」という本を読みましたので、感想&口コミ等をご紹介します。

内容

◇著者:山口朋子
◇単行本(ソフトカバー): 238ページ
◇出版社: フォレスト出版
◇発売日:2013/3/21
◇内容:著者は、数年前まで専業主婦でした。ネットで稼ぐどころか、収入ゼロの普通の主婦です。パソコンはネットで買い物をするか、ネットサーフィンする程度。月日は流れ、広告費を1円も使わずに、わずか3年ほどで4900万円の売り上げをあげるようになりました。
インターネットの知識もなく、人脈もなく、広告に使うお金もなかった無名の主婦が、どんなやり方でネットを活用してきたのでしょうか?

感想

Amazon口コミレビューではまずまずの評価ですが、アフィリエイトを多少かじっている私にとっては不満足な内容でした。

まず、タイトル。
著者のどこが「普通の主婦」なのか、理解できません。
「普通の主婦」というと「子育てで時間に追われ、ネットビジネスの知識もない素人の主婦」というイメージですが、著者の場合は違います。
本書の内容で著者のネットビジネスとの関わりを振り返ってみます。

2001年 娘を出産後、産後うつになる
ヤフーオークションで1000点出品
ホームページを作成する
2004年 アフィリエイトを知る
2006年? アフィリエイト塾に入る
2007年? 月100万円以上のアフィリエイト報酬を得る
2008年 情報商材ビジネスは始める
「彩塾」を立ち上げる
2009年 「彩塾」を法人化
2013年 今に至る

タイトルの「普通の主婦がネットで4900万円稼ぐ」とは、「はじめに」ある「無名の主婦が、広告費を1円も使わずに、わずか3年ほどで4900万円の売り上げをあげるようになりました。」ということが根拠のようです。

ただ、「4900万円」が稼いだ累計なのか、年間売上なのか不明です。
さらに、「売り上げ」と「利益」とは違います。
「売り上げ」が4900万円であっても経費は5000万円であればマイナス100万円です。
せめて利益率を表示してほしかったなと思います。

著者はステップとして、次の3ステップを推奨しています。
①アフィリエイト
②情報商材ビジネス
③コミュニティビジネス

本社ではビジネスの輪郭はつかめますが、それを実践するノウハウについてはサラリとしか触れられていません。

結局、著者はネットビジネスの塾を開催しているのでそこで学ぶしかないようです。

しかし、著者が「1つの手法で稼ぎ続けられるのは5年が限度」を明言しているのですが、それなら著者が2006年頃に学んだ手法は今にはまったく通用しないと言えます。

情報商材や情報塾も大半は詐欺まがいだと言われています。
私もアフィリエイト塾に3つ入ったことがありますが、1つは完璧な詐欺で後の2つまるで役に立ちませんでした。

安易に情報商材販売が出来るというノウハウが出回ったせいでしょうか、質の低い情報商材が出回りました。
しかし、著者はこのことには触れていません。

口コミ

Amazon口コミレビューでは5つ星のうち 3.9とまずまずの評価です。
普通の主婦がネットで4900万円稼ぐ方法

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ