水素生成器「H.Bottle」口コミ~使い方と性能

水素水(パウチ容器)を試しに購入したところが、調子が良い。
ただ、好きな時に飲んでいると、結構、金額が嵩みます。
そこで、長い目で見るとコスト的に安くつく水素生成器を色々と検討した結果、「H.Bottle」という水素生成器を購入しました。
まずは、水素生成器「H.Bottle」使い方の使い方の口コミです。

なぜ、水素生成器なのか?

水素生成器は簡単に水素水が作れます。
どうやって水素を生成するのかということですが、それは電気分解によってです。

水素生成器は軽量、小型なのが特徴で、沢山、水素水を作りたい時は水素水サーバーになります。

水素水の唯一の欠点は、抜けやすいこと。
その点、水素生成器で作った水素水は作り立てを飲むのでその心配はありません。
いつでも、飲みたい分だけ、水素水を作ることができます。

ただし、水素生成器は5万円前後します。
これにバッテリー交換が1~2年に一度かかります。

しかし、それ以外は、水道水(浄水器の水)をそそぐだけですので、ランニングコストはわずかな電気代のみです。
※水素生成器によっては水道水が不可のものもあります。

通常、水素水ドリンクの1ヶ月分の料金は1万円前後します。

それを考えると、年間、水素水ドリンクの半分以下の料金で好きなだけ水素水が飲めるのはお得です。

また、携帯用水素生成器は基本、持ち運びができます。
水があれば、どこでも水素水を生成して飲むことができるので便利です。

というわけで、水素生成器を購入することにしました。

「H.Bottle」を選んだ理由

私が水素生成器を選ぶにあたって重視したポイントは以下の点です。

①水槽濃度
②水素生成に要する時間
③メンテナンス

その点、「H.Bottle」は他の水素生成器を圧倒していました。

①水素濃度1.18~1.53ppm
②3分で水素水が完成
③透明ボトル部分は回せば外せるので、日常のお手入れがラクラク。

さらに、次の特徴がありました。

④80℃のお湯でコーヒーやお茶を入れられる!
⑤酸素分離法による水素生成により、水素と酸素が再結合しにくく、濃度低下がおだやか。
⑥本体価格は55,000円(税別)ですが、3年利用したとすると、1日あたり50円。
1日5回作ったとすると1回(300㏄)10円。
⑦1本1本、水素濃度を測定してから発送。
※3分モードで生成修了後、1分30秒経過してからの測定値は1334ppb。
⑧第三者機関で溶存水素量を計測
⑨水素濃度を上げようとすると、大きくpHが偏る生成器もありますが、「H.Bottle」は、大きくpHを変えることなく、水素濃度が上げることができる設計です。

というわけで、「H.Bottle」に決めました。

「H.Bottle」の使い方等をメーカーに確認

最初に「H.Bottle」を箱から取り出した感じたのは「軽い」ということです。
これなら、携帯用にも最適です。

水素生成器「H.Bottle」

「H.Bottle」取扱説明書も入っていました。
ただ、説明だけでは不十分な個所があったので、メーカーに直接、電話で問合せを行いました。

営業の方が、懇切丁寧に説明をしてくれました。
好印象です。

◇初めて水素水を生成されるお客様へ。
①本品を初めて思料する場合、透明容器を洗う。
②容器に水を入生成し、その後、水を捨てる(これを2回)。

ただ、どのくらいの水の量で何分生成するのかについては記載がありません。
[回答]
水の量は半分以上、時間は6分モード。
※透明の容器に水の量を示す白い点が付いています。1つの点で50㏄、満杯で300㏄です。

◇充電方法
充電は、付属アダプタでも、USBケーブルをパソコンに接続しても出来ます。フル充電に要する時間は約3時間との記載ですが、予め充電してくれていたようで1時間で赤のLEDランプが消えました。

「H.Bottle」は充電式です。ただ、アダプタも使えるので、アダプタでつないだまま、使っても良いのかをお尋ねしました。
[回答]
アダプタでつないだままでも、負荷のかからない仕組みだが、外して使う方が望ましい。

◇水の選定について
水道水はおすすめでできないようです。幸い、我が家では浄水器を付けているので、浄水器の水を使いました。
推奨する水は活性炭を含む中空糸フィルターで浄水した水とのこと。

◇モードと水素濃度の関係
「H.Bottle」は3分、6分、9分と3つのモードがあるのですが、各々の水素濃度はどれくらいなのでしょうか?
[回答]
水の温度等によって異なるが、普通は次の通り。
3分モード:800ppb(0.8ppm)
6分モード:1200~1300ppb(1.2~1.3ppm)
9分モード:1400ppb(1.4ppm)

「H.Bottle」はお湯(80℃まで)でも使用可なのですが、温度が高い程、短い時間で水素濃度は高くなるそうです。

◇飲み方
HPを見ると、水素水を生成した容器で飲んでいる写真があるのですが、コップではダメなのでしょうか?
[回答]
もちろん、コップでも構わない。
他の方も飲む時は衛生的な面からもコップが良い。
なお、コップに入れたからと言って水素が抜けやすいということはない。
実験では、コップに入れて2時間後の水槽濃度は30%減に留まるとのこと。高濃度が維持されるようです。

◇使い方
使い方は簡単です。水を入れてボタンを押すだけ。
担当の方は毎日6分モードで飲んでいるそうです。

◇バッテリー
内蔵電池はおおむね500回程度の充放電能力があるそうです。
1回の充電で3~4回使えます。
使う頻度によりますが、大よそ1年半から2年で交換になります。
まだ、販売網が整備されていないので、今のところ、メーカーに直接、本品を送り、部品等を交換した後、送り返しという手順です。
費用は7,000円とか。
ただ、新品同様のものをお送りしているとのこと。
携帯型充電式水素生成器「H.Bottle」

健康の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ