「あなたは半年前に食べたものでできている」口コミ

「あなたは半年前に食べたものでできている」は日本初のアスリートフードマスターが、食べたいものを食べたいだけ食べても太らない方法を教える画期的な1冊!
著者は食欲コンサルタントの村山彩さんです。
自分が読むに値する本なのか、口コミから判断します。

疑問

本のタイトル等には、「食べたいものを食べたいだけ食べても、健康でやせられる方法とは?」、「だいじょうぶ、『食欲』は、誰でもコントロールできる。」とあります。

「食欲をコントロール」と「食べたいものを食べたいだけ食べて」は矛盾する内容と思うのですが、どうなのでしょうか?

私の悩み(解決したい問題)は、下記です。
お腹が空いていなくても時間で食べてしまう。
そもそも、普段から食欲はない方。
お酒を飲みすぎてしまう。

これらの問題がこの本で解決できるのでしょうか?

タイトルやサブタイトルに引かれて本を買って読むのですが、実際には自分には実行できない(しない)ことが多いです。

この本では、
考え方が書いてあるのか?
すぐに誰でも出来ることなのか?
どれくらいの期間でやせられるのか?

口コミから疑問を解決

私が抱えている疑問を解決すべく口コミを集めてみました。

「あなたは半年前に食べたものでできている」とはどういう意味?

人間の体を形成する60兆個の細胞が、ほぼ入れ替わるのが、約半年後。
つまり、今の自分の体は半年前の自分が選んで取り入れた食事でできている。

「食欲をコントロール」と「食べたいものを食べたいだけ食べて」は矛盾するので?

本書では、1日20分程度の運動をすると「正しい食欲」が蘇り、その後は体が欲したものを取り入れれば、好きな物を食べても太らず健康になれるという事が中心に書かれています。

帯には「食欲は誰でもコントロールできる」と書いてありますが、そのコントロールする方法が、きちんとした食事をして運動する、というもの。

どうやら、著者の主張は下記のようです。

「1日20分程度の運動をする」

「正しい食欲が蘇る」(=食欲コントロール)

「食べたいものを食べたいだけ食べても、健康でやせられる」(=太らない)

「1日20分程度の運動」とは?
お腹が空いて、イライラしたりするときに、あえて20分間、汗をじんわりかくくらいの運動をすると、不思議と食欲が抑えられる。
運動後は、体も悩もクリアになっているのでアップ脂っこいものとか、甘いものとか、欲しなくなり、今の自分の体が必要としているものだけ、欲しくなる。

私の悩み(問題)は解決できるのか?

一人住まいだと好きなまのを食べれるでしょうが、家族が食事を作ってくれている場合は、自分の食欲とは関係ないメニューが並びます。

さらに私の場合、食欲というより、アルコールが問題なので、アルコールが飲みたくなったら、運動をするということになりそうですが、ちょっと現実的ではありません。

あなたは半年前に食べたものでできている

本の内容です。(Amazonより)
本書は、食べたいものを食べたいだけ食べても、太らずに健康でいるための、「食欲」のコントロール法を書いた本です。
「食欲」のコントロールとは、ひとことでいうと、自分の体にいいものを“食べたくなる”自分に変わること。
あなたは半年前に食べたものでできている

健康 // の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ