Y!mobileでiPhone5sに機種変更した口コミ~Y!mobileの企業姿勢ってどうよ?

Y!mobileから「機種変更ご優待特典」の案内ハガキが届いたことから、iPhone5sに機種変更をしました。
それにしても、今回の件で、Y!mobileという会社、支店のスタッフの対応に憤りを思えました。
Y!mobileでiPhone5sに機種変更した時の顛末に関する口コミです。

ワンモバイルから需要なお知らせ

そもそも、今回、機種変更を考えたのは、1枚のハガキとポケモンGOがきっかけだった。

私が使っていたスマホはHUAWEI302HW(STREAM3)。

この機種に関し、次のハガキが届いた。

周波数の有効利用による安定した品質の通信サービス及びより快適なサービスの提供のため、LTEサービスの拡大を順次実施します。
これに伴い、現在提供している3Gサービスの一部である下記対象料金プランのサービスを、2018年1月末をもって終了とさせていただきます。

現在のサービスは、2018年1月末までは安心してご利用いただくことができますが、前もってLTEサービスに対応した新機種にお切替えいただくことをお勧めいたします。

ご優待特典もご用意しておりますので、裏面ご案内をお読みいただき、ぜひご検討ください。

≪優待特典≫
①機種変更手数料3,000円無料
②機種変更翌月の月額料金から12か月間1,000円/月割引
③高速データ通信容量2年間2倍

HUAWEI302HW(STREAM3)は不良品

このハガキを届いた時は全く関心はなかった。
何故なら、来年の更新月でY!mobileは解約するつもりだったからだ。

というのは、HUAWEI302HW(STREAM3)が使えない機種だったから。

①地下で通じない
②ポケモンGOでGPSの感度がひどい。

調べてみると、HUAWEI製はGPSが弱いのが特徴なのだとか。
ただし、SIMフリースマホ「Huawei P9 LITE」はGPSに関しては問題なく動作する。

次に「地下で通じない」と言う問題。
これはY!mobileの回線の問題かと思っていたが、よくよく調べてみたら、これも機種の問題であった。
要は対応周波数が少ない機種なのであった。

結果、今回の案内につながるわけである。

本来なら、こんな使えない機種を販売しているY!mobileという会社は信用できないので、解約したいところ。
しかし、乗り換えには結構、費用がかかるのである。

まず、更新月以外の解約違約金が10260円。
MNP転出手数料が3,240円。
契約事務手数料が3,240円。
しめて16,740円。
ここに新機種料金が別途かかる。

そんな時、iPhoneはGPSが強くて、ゲームに最適という情報を得た。
Y!mobileの「機種変更手数料3,000円無料」対象の機種を調べてみた所、iPhone5sがあった。

Y!mobileが地下でつながらないのは回線の問題というより機種本体の問題とわかったので、iPhoneならいう事なし。

さらに、通常、機種変更手数料にかかる3000円が無料な上、他の特典もある。俄然、iPhone5sへの機種変更が現実味を帯びてきたのであった。

実は最近、家族がiPhoneSE(SIMフリースマホ)を購入した。
使い勝手は良さげだ。

私は今までiPhoneは使ったことはないので、性能の違いは全く分からない。
調べてみると、iPhone5sはiPhoneSEと同じく4インチ。
性能は以前の発売なのでiPhoneSEより劣るようだ。
が、元々、スマホの性能にはこだわっていない。
今回、スマホの性能を考えるようになったのはポケモンGOがきっかけ。
GPSの精度や操作性に機種によって違いがあることが分かった。
その点、iPhoneは優れている。

格安SIMと違ってY!mobileの場合は無料通話(1回10分以内なら月300回まで利用可)が付いているが利点。

Y!mobileでiPhone5sを購入するにはオンラインと店頭の2種類がある。
店頭に在庫があれば、その場で手続きができる。

というわけで、さっそく、近くのY!mobileの店舗をリストアップ。
営業時間はまちまちなので、一番早い10時開店の店舗に電話を入れた。
すると、在庫切れで2日後に入荷との事。
聞くと他の店舗でも同じ状況ではないかと。
次に10時半に開店の店舗に電話。
色と容量を聞かれたので、「白で32GB」と言うと在庫があるという。
取り置きしてもらい大体の来店時間を伝えた。

Mプランからスタートって?

内容を告げた。
契約確認(本人確認?)に身分証明書とクレジットカードが必要とのこと。郵便番号もいるとか。

本人確認の為の身分証明書は分かるとして、クレジットカードや郵便番号は必要あるのか。

プランの説明になって、機種変更後3か月はMプランになり、その後、プランsに変更できる、と。

Y!mobileだけでなく、他のキャリアでもそうだが、何故、いつも手書きの説明なのだろうか?

しかも、機種本体は一括で支払うと先に言っているのに、紙には分割支払いの数字が計算してある。
(話を聞いているのか?)

Mプランは月額3,980円、Sプランは2,980円である。
Mプランの方がSプランより割引率が高い。
※Mプラン2000円、Sプラン1500円。
MプランからSプランに変更できるが、その場合、割引は1500円に下がる。
最初Sプランでスタートして途中でMプランに変更しても割引は1500円のまま。

しかし、私は、Sプランで十分。さらに2年間は特典で2倍の2GB使える。
Mプランは必要ない。
Y!mobileで最初に契約した時も、この説明は受けた。
しかし、「Sプランでいい」と言って、最初からSプランにした。

それを言うと、それは「スマホプランタイプ2」のことであって、機種変更は「スマホプランタイプ1」になる、と訳の分からないことを言い出した。

「タイプ1」とか「タイプ2」って何?
Y!mobile内部で事業部?が分かれているらしい。
しかし、「そんなの(こちらには)関係ねえ」。

そもそも、今回の機種変更はY!mobileがきっかけをつくっている。
現在使っている機種が使えなくなるのでお詫びを兼ねて「優遇特典」を設けている。

それを、通常の「機種変更」と同列に扱うところがおかしい。
結局、こちらの主張が認められ、Sプランからの開始になった。

手続に15分程かかるというので、他の用事を済ませに出かけた。
戻ってみると手続きは終了。

電話帳のデータ移行に失敗

先の話で旧スマホからiPhone5sに電話帳のデータ移行をしてくれるとのこと。しかし、見てみると難航している。

カスタマーセンターに事前に確認した話では店舗によってツールがあるので、データ移行ができるという話だった。

しかし、ツールらしいものは見当たらず、しきりに2台のスマホをスタッフはいじっている。

もう一人のスタッフが携帯電話のようなものを持って来て、その作業にはいってきた。

これでデーター移行ができるのか?
「時間はどれくらい?」というと「しばらく」という。

「その間に機種本体の精算を」と言われ、絶句した。
機種本体は一括で購入したのだが、それは翌月、月額料金と一緒に決済されると思っていた。
しかし、そうではない、という。
では、クレジット支払は?と聞くと、現金のみという。

結局、雨の降る中、銀行にお金を引き出しに行かなければならなかった。

そして、戻ってくると新たな事態が。
データー以降はできなかった、と。
最近のiPhoneはセキュリティが厳しくて・・・。
おい、おい、最初から分かっている事だろう。
新品のiPhone5sを手垢をつけといて、今更それはないだろ。

このスタッフ個人の問題なのか、Y!mobileの会社の体質なのか、新たに大金をだして、iPhone5sを購入したというのに、最初から最後まで気分を害された対応だった。

iPhone5sはSIMフリー端末ではない

しかし、問題はこれで治まらなかった。

店頭に行く前にY!mobileのONLINEサイトでチャットで質問をした。
「iPhone5sはSIMフリー端末ですか?」
それに対して「iPhone5sはSIMフリー端末ではありません。」

とは言え、SIMカードの挿入口があるし、今時、SIMロック解除は義務付けられ入るはず、と安易に考えていた。

しかし、改めて、調べてみると、iPhone5sはSIMロック解除が義務付けられる前の機種。
SIMロック解除はできない。
ということは、他社のSIMカードは使えない。

HUAWEI302HW(STREAM3)といい、iPhone5sといい、Y!mobileは在庫処分をしているだけ。
ユーザーの利便性は一切考えていない。

我が家ではもう一台、Y!mobileのHUAWEI302HW(STREAM3)端末の契約がある。
しかし、更新月を待たないで違約金をはらってでも他社に変えるつもり。

そして、私自身もいずれ、他社に乗り換えるようと思っている。
キャリアは高いだけなのでSIMフリースマホ+MVNOの格安スマホを利用するつもり。

現在、仕事上必要なので、データ通信SIMの契約は複数社としている。
現在、気に入っているのは格安スマホmineo(マイネオ)だ。

今後は通話も含めて格安スマホに変えたいと考えている。

スマホの関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ