東大首席弁護士「7回読み勉強法」口コミ

「東大首席弁護士が教える 7回読み勉強法」という本を読みましたので、感想&口コミ等をご紹介します。

内容

◇著者:山口真由

◇単行本(ソフトカバー):207ページ
◇出版社:PHP研究所
◇発売日:2014/7/2
◇内容(「BOOK」データベースより):
本気の勉強には、我慢と忍耐が必要になります。勉強は楽しいものではありませんが、勉強法が確立できていれば、ある意味とても「楽」になります。つらい努力の継続を最小限に済ますための、シンプルで効率的な勉強法の真髄をご紹介します。

感想

著者の「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある」という本が面白かったので、その中でサラリと触れられている彼女の勉強法の肝である「7回読み勉強法」に特化した本であろうと推察し、本書を読んでみました。

ところが、「7回読み勉強法」について、前著より詳しい解説はあるものの、内容としては彼女の勉学履歴です。

「7回読み勉強法」については、数学では「7回解き」とか前著で触れられていなかった手法が紹介されているものの、やはりスッキリしません。

特にAmazonのクチコミレビューの低評価に多い「「300ページのテキストを30分で読む」というのが良くわかりません。

おそらく著者としては当たり前のことなので解説するまでもないと考えているのか、本文に書かれていることが全てで読み手の理解が足りないかのどちらかでしょう。

ただ、この本を読むと、彼女の実績は努力の積み重ねだと言えます。
しかも、方法は極めてシンプル。
東大というだけで「頭がいい」=「我々とは出来が違う」というイメージを覆す内容だと言えます。

ただし、何でもそうですが、実践するかどうかは読者にかかっており、結果に対して責任を負うのも読者です。

口コミ

Amazon口コミレビューでは、5つ星のうち 3.7とやや評価は低いです。

評価が低い人のコメントは、万人向けではないと言う点。
私もそうですが、「300ページのテキストを30分で読む」というのにひっかかります。

の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ