不動産売却一括査定サイトを7個利用した口コミ~おすすめの不動産売却一括査定サイトは?

不動産売却一括査定サイトに査定を申し込むと最大6社の不動産会社から査定が出るというところが多いのだが、実家が田舎の為か、あっても一社だったので、複数の不動産売却一括査定サイトに申し込みをした。
不動産売却一括査定サイトとは?
不動産売却一括査定サイトを7個、不動産会社7社、利用した口コミです。

スポンサードリンク

不動産売却一括査定サイトとは?

家・土地等の不動産を売却する場合、不動産会社に売買を依頼するわけだが、それを自力で行う場合、まず、不動産会社を探さなければならい。

また、その地域に不動産会社が複数がある場合、どの不動産会社が信頼おけるのか、また、その不動産会社に依頼すれば、不動産を高く売ることが出来るのかは、分からない。

この問題を解決してくれるのが不動産売却一括査定サイト。

まず、不動産売却一括査定サイトごとに基準を設けて登録できる不動産会社を絞っている。

次に、複数の不動産会社に査定を依頼できる。

最後に、各不動産会社とやり取りする中で、どの不動産会社が信頼おけるかが分かる。

イエイ不動産売却査定

サイトで必要情報を入力すると、以下のメールが届いた。
「ご指定いただきました査定会社より、ご連絡差し上げますので

今しばらくお待ちください。

なお、今後数日で、知らない電話番号から電話があった場合は

査定会社からの電話の可能性が高いです。

せっかくの査定結果の連絡となりますので、お受け頂きますよう

よろしくお願い致します。」

さらに、以下のメールも…。
「弊社では、ご登録頂いたご連絡先にお間違いがないかのご確認の為 に、ご利用頂いた皆様へご連絡をさせて頂いております。
通常、お電話にてご本人様確認を取らせて頂いておりますが、こちらのメールへのご返信を持ってご本人様からのお申し込みと判断さ せて頂きます。」

上記のメールに返信すると、以下のメールが届いた。
「お忙しい中お返事いただきまして、ありがとうございます。
お申込みご本人様と確認をさせていただきました。」

[補足]
不動産売却一括査定サイトに申し込みをすると、まず、電話がかかってくる。
「知らない電話番号」は固定電話に限らず、携帯電話であったりする。

イエイ不動産売却査定が紹介する不動産会社は一社のみ。
「ゼロ企画 本店」という会社だが、その後電話があった。
しかし、それっきり。

マンションリサーチ一括査定サービス[Smoola]

申込後、届いたのは以下のメール。
「お客様から頂いた情報に基づき、各不動産会社より直接連絡が入ります。(不動産会社のお休みは水曜日が多いです。年末年始などの連休の際は各社の営業開始日によります。)
少々お待ちください。」

同日、不動産会社の情報が届いた。
こちらも一社のみ。
株式会社東部不動産開発という会社。

その後、不動産会社から電話があった。
事情等を聞かれる。

その後、査定額のメールが届く。
疑問点を返信すると、回答をもらう。
2~3度繰り返す。

解体費用と動産処分の費用が、私の実家を昨年売却した時と比べると、随分高いので、200万円で考えていると伝えた所、どうも理解力が不足しているのか、「他社でも仲介手数料、解体費用、等の費用の総額を200万以下は難しいと思いますが・・」という返事が。
最後に「有難う御座いました。」とあったので、要は先方からのお断りの意思だと理解し、東部不動産開発とのやりとりは終了。

電話では担当者が信頼できそうな感じだったので期待していたのだが、残念。

尚、一括査定サイトからは、その後、不動産売却のコツに関するメール複数、が届いた。

RE-Guide不動産一括査定

「順次、不動産会社よりご連絡させて頂きます。」
その後、株式会社東海不動産という会社から電話があったが、それっきり。

スマイスター/株式会社シースタイル

「現在、お客様のご依頼に対応できる登録企業はございません。
ご要望に沿える企業を探し、見つかり次第、ご連絡差し上げます。
対応できる企業が見つからず、ご連絡できない場合もございますが、その際はご了承ください。」

申込が1月後に電話があり、紹介できる会社が見つかった、と。
新日本住建株式会社という会社から電話があり、その後、メールが届くが、査定はなし。

HOME4U

ハウスドゥ!家・不動産買取専門店 株式会社東静プランニング
という会社から電話があり、査定額がメールで届く。

その後、動産処分の費用について尋ねると、実際に家の中の動産の確認が必要というので、立ちあう日時を決めて、待っていたが、時間になっても担当者が来ず。

連絡すると、忘れていたようで、別の現場にいるとのこと。

嫁の実家には年1回墓参りの時しか行かないで、わざわざ、その日に決めたのだが。

その後、お詫びのメールがくるわけでもなく自然消滅。
ひどい会社(担当者)であった。

最初の電話の後には、挨拶のハガキが届いたので期待していただけに残念。
※ハガキには元プロ野球選手の古田選手の写真が印刷してあったので、キャラクターを務めているのであろう。

相手のことは、何回かやりとりをしてこそ見えてくる部分がある。

LIFULL HOME’S不動産売却査定サービス

加和太建設株式会社 ピタットハウス●●店の担当者からメール。
「現地調査及び法務局調査をしますので少しお待ちください。」
その後、査定が届いたので、返信(質問も書く)するが、返事がない。
3日後に「査定は確認して頂けましたか?」という電話が来たので、「既に返信した」と伝えると、同日、メールが届く。
メールを見落としたいたようだ。
こういう対応では信用おけない。

イエウール

静岡セキスイハイム不動産株式会社の担当者から電話。
その後、査定が届くが、資料が細かい。
さらに、他社ではこちらで尋ねない限り、言わない、不動産売買に関する費用についても記載がある。

これは期待大。

その後、メールでやりとりするが、対応が迅速で丁寧だ。
結局、担当者を信頼して、この会社に売買をお願いすることにした。

おすすめの不動産売却一括査定サイトは?

不動産売却一括査定サイトはどこも、システムは同じ。

ただ、登録している不動産会社が異なる。
結局、不動産売却に関してどの不動産売却一括査定サイトが良いかというより、不動産会社がどうかということが一番問題。

不動産会社によって、その地域に強い(販売実績がある)かどうかで査定額は異なるし、担当者が信頼おければ、手続きもスムーズに行く。

私の場合、各不動産売却一括査定サイトで紹介できる不動産会社が一社以下だったので、結局、7サイト7不動産を利用した。

結果、自分にとって一番信頼のおける不動産会社を見つけることできた。

▶不動産売却一括査定サイトの利用は無料なので、1サイトで満足いく不動産会社が見つからなければ、他の一括査定サイトに申し込むのおすすめ⇒不動産売却一括査定サイト比較

スポンサードリンク

生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ