ニトリの組み立てサービスが酷い件

ニトリでクロゼットと靴箱(シューズボックス)を購入。
靴箱はともかく、クロゼットの組み立てを一人でやるにはチト面倒。
そこで、クロゼットと靴箱の組み立てをニトリに依頼。
組み立ては1個2000円。
それに送料が2000円。
ところが、靴箱の組み立てがとんでもないことに…。
ニトリで家具の組み立ては依頼してはいけない。

スポンサードリンク

ニトリ安さの秘密

ニトリの安さの秘密はそのシステムにあった。
この件については、「ニトリの家具の口コミ・評判~ニトリで家具を買ってはいけない」で記事にした。

配達はニトリの社員ではなく、業者に依頼している。
おそらく、組み立ても外注であろう。

このことが、とんでもない事態に発展する。

靴箱が組み立て不良で届く

ニトリで配達を依頼すると、配送料がかかる。
しかも、配達は外部の業者。

1回目の配達はアーク引越センターだった。
※アーク引越センターで4月に引っ越しを依頼したが、酷い会社だった。
アーク引越センターの口コミ~アーク引越センターは二度と使わない

しかも、運送業者が最後の仕上げ(組み立て)を行う。
靴箱の場合、取っ手と脚の部分だ。

その組み立て途中に、業者が組み立て不良を発見。
本部?に連絡をとる。

結局、再度、配達になったのだが、相変わらず、無責任な対応。
というのも、こちらはお金を出して、組み立てを依頼し、組み立て不良が発覚したにも関わらず、通常の配達体制。

何日以降の何時から何時にしか、配達できない、という。
まともな会社なら、考えられない対応。

その間、家にいなければならない。

2回目の配達では、脚が付いていた。
仕上げは取っ手部分。

業者に聞くと、アーク引越センターのさらに下請けだという。
まあ、それは良い。

取っ手を取り付け、「完了」という。
そこで、気が付いた。
靴箱の天板に穴が2つある。

聞くと、上にもう1個靴箱を重ねる時にずれないようにするネジを通す穴だという。

これは食器棚で経験しているので、了解する。
部品(穴キャップ)が貰った袋に入っているのであろう。

サインをして業者が帰った。
帰った後、部品を確認すると、部品が入っていない。

そこで、ニトリに電話で問合せ。

靴箱3回目の配達

電話に出たオペレーターに事情を伝えると、確認して折り返し電話をするという。

電話が来たのが1時間後。

確認するというが、お客がない、と言っているので、それに対してどう対処するかと言う問題だと思うが。

ニトリの対応はいつも他人事。

結局、部品を郵便で送るという。
しかし、靴箱を1個しか注文していないのに、そもそも穴を塞いでいないのがおかしいのではないか?
こちらは、組み立て料を払っている。

そのことを伝えると、うかがって組み立てるという。
ところが。その日時が分からない、という。

おい、おい。

結局、その後、上?の下から電話があり、車の込み具合もあり、2時間枠を言ってきたが、さらに文句を言い、1時間の時間帯になった。

ところが、配達の前日に配送センター?から電話があり、日時を伝えられた。
それが2時間枠。
先に話した内容と違う。
そのことを言うと、確認を取り、1時間枠で間違いないことが分かった。

今回の件が現場に徹底されたのか、4時~5時で伺うと言っていたのが、業者が来たのが4時過ぎ。

取付は、穴にキャップに差し込むだけ。
作業はアッと言う間に終わった。

配達&作業をやってくれた人は業者はどこの会社かは知らないが、感じの良い人だった。

これで1回で済む配達が3回目にしてようやく完了。

今回の件でニトリの商品の安さの秘密がよく分かった。
そして、会社としては二流であることも。

いずれにしても、今後、ニトリで商品を購入することはないだろう。

スポンサードリンク

生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ