アーク引越センターの段ボール回収サービスが酷い件

アーク引越センターに引っ越しの仕事を依頼した。
しかし、営業社員の話と現場の対応とが大幅に違い、不快な思いをした。
アーク引越センターは二度と使うつもりはないが、引っ越し後の段ボール回収作業が残っていた。
しかし、ここでもまたもやアーク引越センターはそのいい加減さを露呈。
「終わり良ければ総て良し」というが、最後までダメな会社だった。
怒りを通り越してあきれる程。

スポンサードリンク

アーク引越センターの梱包材回収サービス

アーク引越センターの段ボールを含めた梱包材回収サービスについては、「アーク引越センターの口コミ~アーク引越センターは二度と使わない」でも、触れた。

このサービスのいけない所は、すぐには回収に来てくれないという点。
作業員がそのエリアに用事(引っ越し等)で来た時についでに回収するというもの。

日時は、当日、連絡が来る。
しかも、引取は1ヶ月以内。
無料サービスとは言え、酷くないか?

引越の段ボールは賃貸マンションではゴミ集積所に出せない。
アーク引越センターが取りに来るまで、家に置いておかなければならない。
箱が40個もあると、畳んでも結構、場所を取る。

アーク引越センターは「こういうサービス、あういうサービスもやります。」と言いつつ、実際はやらなかったり、やっても自分中心。

さらに、こういった対応も営業所によって異なるという。

アーク引越センターから回収の電話が来たが・・・

梱包材の回収を依頼してから3週間ほど経って、アーク引越センターから電話があった。

「明日、回収に伺う」とのこと。
まあ、当日の連絡よりはまし。

当方は午後4時以降が都合が良い、と伝えると了解したものの、何時になるかは分からない、という。

先方は「段ボール回収はサービス」なので、と。
要は余計な仕事、という意味だろう。
その程度なら、あえて「サービス」と謳うな、といいたい。
アーク引越センターは色んな「サービス」を売りにセールスしている。
ところが、この「サービス」が全てお粗末なのだ。

普通、午後4時から6時、とかある程度の時間帯は分かるはずだが?
極端に午後10時もあり得るのか?

結局、午後4時から6時に伺う、ということで決着した。
そして、「行く前に電話をする」ということだった。

アーク引越センターは約束を守れない会社

ところが、作業員が来たのは午後3時半。
私は外出中で家には母親のみ。

段ボールは邪魔になるのでベランダに置いていた。
4時までに帰って、私がベランダの段ボールを玄関に運ぶはずだった。

ところが、電話を事前に掛けると言いながが、掛けもせず、いきなり来たのが午後3時半。

出鱈目だ。

アーク引越センターは引っ越しの当日も、事前の打ち合わせで営業が、「当日の9時から9時半にトラックが行く、事前に電話をする。」と言ったが、トラックが来たのは8時半、しかも事前の電話なし。
作業員に確認すると、電話することにはなっていない模様。

結局、母親がベランダから段ボールを運び、対応。

さらに、不思議なのが、箱は40個程度あるというのを以前に伝えたに、回収に来た作業員は体1つ。
普通、台車を持ってくると思うが。

社内の連絡が上手くいっていないのか、口だけなのか、ちぐはぐな対応。

こんなひどい会社は初めて。
最後の最後まで不快な思いをした。

引っ越し業者を選ぶなら⇒引っ越し業者の一括見積サイト

スポンサードリンク

生活の関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ