大容量モバイルバッテリー「Redhill Power1000」口コミ

ポケモンGOをやり出したら、電池の消耗が半端なく早い。
とくに私のスマホの電池容量が元々、すくないこともあり、1時間で30%程度、消費する。
そこで、モバイルバッテリーを購入することに。
大容量モバイルバッテリー「Redhill Power1000」の口コミです。

スポンサードリンク

「Redhil Power1000」を購入した理由

楽天の人気が高いモバイルバッテリーから選んだ。

選んだポイントは、
①スマートフォンを4回充電できる大容量の10,000mAh
②軽量、薄型
③出力端子が1Aと2.1Aの2つあり、2.1Aで急速充電ができる
④安い

尚、USBケーブルは割と長めのものが付属しているが、アダプターは入っていない。
アダプターはスマホの充電器を使える。

「Redhill Power1000」実物の口コミ

以下の①~④は上記の①~④に対応。

①4回充電をうたっているが、スマホをフルで充電するには4回は無理であろう。
充電は100%ではないので、実際は電池容量の1.5倍ほどの電力が必要。
2000mAhの電池容量なら3000mAhは必要。

2500~3000mAhの電池容量だと、3750mAh~45000mAhの電力が必要なので、フル充電で考えると2~3回と言ったところではないか。

いずれにしても、大容量であることは間違いない。
タブレットの充電にも使えるらしい。

②に関しては、予想よりずっしりしている。
大きさはZenfone2Laserより少し大きい。厚さもある。
スマホより重い。

大容量モバイルバッテリー「Redhil Power1000」

まあ、大容量なので致し方ないかもしれない。

③急速充電に関しては、電池に負担がかかるという話あり、まだ、使用していない。

④安かった。
製造元は外国の会社のようだ。
それで安いのかも。

「Redhill Power1000」を実際に使った口コミ

大きさ、重さに関してはカバンに入れるとまるで気にならない。

スマホの電池容量によって充電にかかる時間は勿論、変わるが、STREAM S(302HW)だと、バッテリーようようは2000mAh。
30分で15%前後、充電できる。

ただし、90%を超えると時間が余計にかかる。
30分で8%前後だった。

スマホは昔と違って、小刻みに充電しても電池寿命に影響はないようなので、外出時にスマホを使っていない時はモバイルバッテリーで充電している。

使いだすと非常に便利。
買って良かった。
「モバイルバッテリー」楽天の人気ランキング

スポンサードリンク

スマホの関連記事

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ